●古高俊太郎寓居跡    2010/6/21 up  TOP  > 京都  > 高瀬川周辺(南側)   
京都市中京区四条木屋町通四条上ル西入真町100 

 ちょっと探しづらいです。河原町通りの阪急百貨店よりの路地で、左の写真の道を探しください。ここを進むと真ん中の写真の「志る幸」という店がありますので、その角に石碑があります。
 新選組の池田屋襲撃という幕末の大事件の情報は、この地に住んでいた古高俊太郎から漏らされたのです。

参考文献: ビックマンスペシャル坂本龍馬を旅する(世界文化社)
人物グラフィティ坂本龍馬 青春と旅(旺文社)
坂本龍馬、京をゆく(淡交社)


 ●中岡慎太郎寓居跡    2010/6/21 up  TOP  > 京都  > 高瀬川周辺(南側)   
京都市中京区河原町通四条上ル米屋町382 

 阪急河原町駅下車、徒歩3分。碑は店頭左側にあります。河原町通りに面してるので、すぐ解ります。近江屋の向かい合わせです。

参考文献: ビックマンスペシャル坂本龍馬を旅する(世界文化社)
人物グラフィティ坂本龍馬 青春と旅(旺文社)
坂本龍馬、京をゆく(淡交社)


 ●近江屋跡    2010/6/21 up  TOP  > 京都  > 高瀬川周辺(南側)   
京都市中京区河原町通蛸薬師下ル塩屋町330 

 阪急河原町駅下車、出口5から徒歩6分。
 龍馬と中岡慎太郎が暗殺された場所です。中岡慎太郎寓居跡同様に、河原町通りに面してるので、すぐ解ります。「サークルK四条河原町店」の店頭左側に「坂本龍馬・中岡慎太郎遭難碑」があります。
 写真は2002年に撮ったもので、当時はコンビニではなく京阪交通社の営業所でした。人通りが多く、写真を撮るタイミングが結構難しいです。当時は碑しかなく、撮影するのは少々恥ずかしかったですが、現在は京都市で説明の看板も立てているようなので、平気でしょう。^_^;



 ●近江屋跡から土佐稲荷へ行く    2010/7/1 up  TOP  > 京都  > 高瀬川周辺(南側)   
 

 近江屋跡を見学した後は、ぜひこの中小路を歩いて、近江屋と土佐藩邸との距離を実感してください。近江屋跡から回れ右をしたらAの景色になります。
 すぐ左に信号がありますから、道路を渡って中小路へ進むと、BCとなり突き当たります。地図でいうと、赤く塗ったL字型の路地になります。この突き当たり近辺に、当時の土佐藩邸の裏口があったという話しですから、近江屋−土佐藩邸はかなり近いとわかります。
 突き当たりを左に曲がると、DEFとなり、土佐稲荷へ着きます。



 ●岬神社(土佐稲荷)    2010/7/16 up  TOP  > 京都  > 高瀬川周辺(南側)   
京都市中京区河原町通蛸薬師東入ル備前島町317-2  

 門をくぐって左手に、小さな龍馬像があります。 この龍馬像のかけらを持っていると幸せになるという噂があったらしく、以前は頭が欠けてました。絶対にやめましょう!(写真は2002年のものですが、現在は、新しいものがあるようです)
 昔は土佐藩の藩邸内にあったらしいですが、明治維新後に現在の場所に引っ越したそうです。

参考文献: 人物グラフィティ坂本龍馬 青春と旅(旺文社)


 ●土佐藩邸跡    2010/6/21 up  TOP  > 京都  > 高瀬川周辺(南側)   
京都市中京区木屋町通蛸薬師西南角備前島町 

 立誠小学校跡地のグランド辺であり、高瀬川沿いに碑がたってます。

参考文献: 人物グラフィティ坂本龍馬 青春と旅(旺文社)


 ●本間精一郎遭難値    2010/6/23 up  TOP  > 京都  > 高瀬川周辺(南側)   
京都市中京区木屋町通四条上ル東側 

 本間精一郎は新潟出身で、吉村寅次郎・清川八郎らとともに尊王攘夷運動に参加。スパイと誤解され、田中新兵衛・岡田以蔵・平井修二郎・広瀬友之允に暗殺される。当時は細い抜け路地だったが、現在は民家の通路になっている。

参考文献: 龍馬と新撰組の京都(武山峰久著・創元社)