●坂本留・坂本直衛の墓    2010/7/4 up  TOP  > 浦臼   
 

 浦臼市街から車で約5分です。
 坂本留・坂本直衛の墓が北海道の浦臼にありますが、なぜお二人の墓がここにあるかをちょっと勉強してみましょう。
 坂本直寛(高松南海男・千鶴の次男・権平に養子縁組)は明治30年に北見のクンネップ原野に農場を開き、翌年の明治31年5月に妻と子供4人を連れて、石狩国樺戸郡月形村浦臼に移住してます。
 明治31年11月、坂本直(高松太郎・千鶴の長男・龍馬の養嗣子)が57歳で逝った翌年、直の妻留とその次男直衛が坂本直寛を頼って浦臼に移住し、大正4年まで住んでいました。
 ちなみに坂本直の墓は高知の丹中山、坂本直寛の墓は札幌の円山です。

参考文献: 龍馬軌跡(宮地佐一郎著・旺文社)