●白峰駿馬の墓    2011/1/10 up  TOP  > 東京  > 青山  > 青山霊園北西   
東京都港区南青山2 

 墓の位置は、1種ロ5号8側。
 長岡藩出身。海援隊士。
 文久2年に江戸に出て、勝海舟が頭取をつとめる軍艦操練所で学ぶ。元治元年4月には神戸に赴き、勝の海軍塾に入門し、龍馬らと修行に励んだ。慶応元年閏5月には亀山社中結成に参加する。翌2年10月に購入した対極丸に船長として乗り組み、大阪に滞在。翌3年6月に上京して酢屋に下宿した。
 慶応4年には隊を離れて新政府に出仕したが、菅野覚兵衛が戊辰戦争から凱旋すると、明治2年にともにアメリカへ渡航する。同7年に帰国後は海軍省に迎えられるが、間もなく官を辞し、日本最初の民間造船所である白峰造船所を設立して活躍した。

参考文献: 東京「幕末」読み歩き〜志士の足跡を訪ねる(三澤敏博・心交社)
坂本龍馬大事典(新人物往来社)