●白峰駿馬の墓    2011/1/10 up  TOP  > 東京  > 青山  > 青山霊園北西   
東京都港区南青山2 

 墓の位置は、1種ロ5号8側。
 長岡藩出身。海援隊士。
 文久2年に江戸に出て、勝海舟が頭取をつとめる軍艦操練所で学ぶ。元治元年4月には神戸に赴き、勝の海軍塾に入門し、龍馬らと修行に励んだ。慶応元年閏5月には亀山社中結成に参加する。翌2年10月に購入した対極丸に船長として乗り組み、大阪に滞在。翌3年6月に上京して酢屋に下宿した。
 慶応4年には隊を離れて新政府に出仕したが、菅野覚兵衛が戊辰戦争から凱旋すると、明治2年にともにアメリカへ渡航する。同7年に帰国後は海軍省に迎えられるが、間もなく官を辞し、日本最初の民間造船所である白峰造船所を設立して活躍した。

参考文献: 東京「幕末」読み歩き〜志士の足跡を訪ねる(三澤敏博・心交社)
坂本龍馬大事典(新人物往来社)


 ●中江兆民の墓    2011/1/10 up  TOP  > 東京  > 青山  > 青山霊園北西   
東京都港区南青山2 

 墓の位置は、1種イ1号24側。
 中江兆民生は「東洋のルソー」といわれ、自由民権運動の指導者です。長崎留学時代に坂本龍馬と出会い、「中江の兄さん、煙草を買うて来ておーせ」といわれ、龍馬にだけは喜んで従ったという話しがあります。
 ちょっとでも興味がある方は、ぜひ、「TN君の伝記」(なだいなだ著、福音館書店)を読んでみてください。「TN君の伝記」には「中江兆民」という名は出てきませんが、これは中江兆民のお話です。

参考文献: 東京「幕末」読み歩き〜志士の足跡を訪ねる(三澤敏博・心交社)
坂本龍馬大事典(新人物往来社)


 ●平井(西山)加尾の墓    2011/1/10 up  TOP  > 東京  > 青山  > 青山霊園北西   
東京都港区南青山2 

 墓の位置は、1種ロ14号9側。
 平井収二郎の妹。安政6年12月、山内容堂の妹の友姫が三条公睦に嫁いださいに、御付役として上洛し、公睦死後も文久2年まで三条家に仕え帰国した。
 龍馬の初恋の人と目されているが、龍馬が文久3年乙女にあてた手紙では、千葉佐那と比較して、顔形は加尾が少し劣ると評しているものの、佐那が「今の平井」と同様だとしているところから、一時の恋愛対象であったことは間違いない。
 慶応2年に西山志澄と結婚し娘をもうけ、のちに娘に養子を迎えて平井家を継がせている。享年72歳。

参考文献: 東京「幕末」読み歩き〜志士の足跡を訪ねる(三澤敏博・心交社)
坂本龍馬大事典(新人物往来社)


 ●野村辰太郎の墓    2011/1/10 up  TOP  > 東京  > 青山  > 青山霊園北西   
東京都港区南青山2 

 墓の位置は、1種イ7号2側。
 野村維章。海援隊士。慶応2年6月、土佐を脱藩して亀山社中に加入し、10月には社中が購入した大極丸には白峰駿馬とともに船長として乗り組んだ。龍馬の死後の慶応4年1月、海援隊による長崎奉行所の占拠にも参加するが、その際に佐熊藩士を誤殺した沢村惣之丞の切腹に立ち会った。海援隊解散後は、長崎振遠隊の幹部として戊辰戦争に従軍、奥羽方面で戦功を上げる。維新後は茨城県令などをつとめたのち司法官に転じ、控訴院検事長まで進んだ。享年60歳。男爵を授けられる。

参考文献: 東京「幕末」読み歩き〜志士の足跡を訪ねる(三澤敏博・心交社)
坂本龍馬大事典(新人物往来社)


 ●吉井友実    2011/1/10 up  TOP  > 東京  > 青山  > 青山霊園北西   
東京都港区南青山2 

 墓の位置は、1種イ6号4側。
 吉井幸輔。薩摩藩士。慶応2年1月、寺田屋での遭難で、事件を聞いた西郷隆盛が伏見に駆けつけようとするのを制して馬で急行し、龍馬とおりょうが京都に向かう際には一小隊の警護をつけた。3月の龍馬とおりょうの鹿児島行にも同行して、屋敷に滞在させ、湯治旅行にも同行している。近江屋事件では田中顕介とともに現場に駆けつけた。維新後は元老院議官などをつとめ、天皇の側近に仕えた。享年65歳。

参考文献: 東京「幕末」読み歩き〜志士の足跡を訪ねる(三澤敏博・心交社)
坂本龍馬大事典(新人物往来社)


 ●斎藤利行の墓    2011/1/10 up  TOP  > 東京  > 青山  > 青山霊園北西   
東京都港区南青山2 

 墓の位置は、1種イ1号34側。
 渡辺弥久馬。十三代土佐藩主山内豊てるの御側物頭となり、おこぜ組の一員として活躍。のち反対党のため失脚。嘉永年中、吉田東洋に抜擢され、新おこぜ組の一員となる。慶応3年、イカルス号事件の際、後藤象二郎を扶けて談判要員として活躍。
 慶応3年9月24日、龍馬が長崎より銃器を運んで高知浦戸へ入稿した際、龍馬からの書状を見た渡辺は時勢切迫をしり、銃器購入を決めた。
 維新後は斎藤利行改名。明治3年2月刑部大輔、5月参議。明治8年7月元老院議官。享年60歳。

参考文献: 東京「幕末」読み歩き〜志士の足跡を訪ねる(三澤敏博・心交社)
坂本龍馬大事典(新人物往来社)