●ジョン万次郎の墓    2010/9/14 up  TOP  > 東京  > 池袋周辺  > 雑司が谷霊園   
東京都豊島区南池袋4 

 墓の位置は、1種15号19側。
 天保12年に乗っていた漁船が遭難し、以後12年間、無人島はアメリカ本土での生活を余儀なくされた。嘉永5年に土佐に帰国後は貴重な漂流体験を語り伝える。同6年には幕府に召聘され、軍艦操練所教授などをつとめた。また万延元年には咸臨丸に通訳として乗り組み渡米する。維新後の明治2年、新政府に出仕して開成学校の教授となるが、晩年は官を辞して不遇の生活を送った。
 龍馬との接触は資料の上では確認できない。

参考文献: 東京「幕末」読み歩き〜志士の足跡を訪ねる(三澤敏博・心交社)
坂本龍馬大事典(新人物往来社)