●枡屋清左衛門宅跡    2010/7/29 up  TOP  > 鞆の浦   
 

 慶応3年4月23日午後11時、いろは丸は深い霧の中、備中六島海域を航海中、紀州藩船明光丸と衝突し沈没。龍馬ら34名の乗組員は、明光丸に収容され、ひとまず鞆の浦に上陸し、折衝のため数日滞在しました。
 この時、龍馬らいろは丸の乗組員が宿泊先としたのが、枡屋清左衛門宅です。枡屋は土佐藩の御用も勤めていたので、龍馬らの待遇も良かったようです。

参考文献: 坂本龍馬を歩く(一坂太郎著・山と渓谷社)
坂本竜馬 いろは丸沈没(まんが合衆国)