●圓福寺    2010/7/29 up  TOP  > 鞆の浦   
 

 慶応3年4月23日午後11時、いろは丸は深い霧の中、備中六島海域を航海中、紀州藩船明光丸と衝突し沈没。龍馬ら34名の乗組員は、明光丸に収容され、ひとまず鞆の浦に上陸し、折衝のため数日滞在しました。
 この時、明光丸船長・高柳楠之助ら紀州藩側の宿泊所になったのが、この圓福寺です。

参考文献: 坂本龍馬を歩く(一坂太郎著・山と渓谷社)
坂本竜馬 いろは丸沈没(まんが合衆国)


 ●枡屋清左衛門宅跡    2010/7/29 up  TOP  > 鞆の浦   
 

 慶応3年4月23日午後11時、いろは丸は深い霧の中、備中六島海域を航海中、紀州藩船明光丸と衝突し沈没。龍馬ら34名の乗組員は、明光丸に収容され、ひとまず鞆の浦に上陸し、折衝のため数日滞在しました。
 この時、龍馬らいろは丸の乗組員が宿泊先としたのが、枡屋清左衛門宅です。枡屋は土佐藩の御用も勤めていたので、龍馬らの待遇も良かったようです。

参考文献: 坂本龍馬を歩く(一坂太郎著・山と渓谷社)
坂本竜馬 いろは丸沈没(まんが合衆国)


 ●魚屋萬蔵宅跡    2010/7/29 up  TOP  > 鞆の浦   
広島県福山市鞆町鞆670 

 いろは丸事件の時に、龍馬と紀州藩が会談した場所です。写真は2004年のもので、現在は「御舟宿いろは」とうい旅館が建ってます。

参考文献: 坂本龍馬を歩く(一坂太郎著・山と渓谷社)
坂本竜馬 いろは丸沈没(まんが合衆国)


 ●福禅寺    2010/7/29 up  TOP  > 鞆の浦   
 

 魚屋萬蔵宅以外に、福禅寺の対潮楼でも龍馬と紀州藩の会談が行われました。
 この対潮楼は、江戸前期、元禄年間の建立で、朝鮮通信使が立ち寄り「日東第一形勝」と絶賛したことでも知られ、現在は国指定史跡になってます。

参考文献: 坂本龍馬を歩く(一坂太郎著・山と渓谷社)
坂本竜馬 いろは丸沈没(まんが合衆国)


 ●いろは丸展示館    2010/7/29 up  TOP  > 鞆の浦   
広島県福山市鞆町鞆843-1  

 いろは丸の遺物を海底より引き上げ、展示している。
 営業時間 10:00〜17:00
 定休日  月曜
 入館料  200円

参考文献: 坂本龍馬を歩く(一坂太郎著・山と渓谷社)
坂本竜馬 いろは丸沈没(まんが合衆国)