龍馬関連の児童書の感想 【学習マンガ】

まんが偉人物語55坂本竜馬 
   \300
2003/4/5 up
ためになる ★★
おもしろい
1977年に、毎日放送・TBS系で放映されていた、まんが偉人物語の絵本。ビデオはTDKから発売になっており、「龍馬を観る」に掲載しておりますので、興味のある方はご覧ください。小学校の低学年でも読める絵本で、30ページ程度。子供の頃から勝海舟に弟子入りするまでの内容。
坂本龍馬―日本を近代国家に導いた幕末の風雲児 (講談社学習コミック―アトムポケット人物館)
アトムポケット人物館坂本龍馬  講談社   作:すぎたとおる 監修:木村幸比古 作画:宮崎知子 
2000年11月   \660
2010/2/10 up
ためになる ★★★
おもしろい ★★
小学校3年生〜中学生向けの本です。木村幸比古氏が監修だけあって、内容は問題ありません。非常にスピーディーな展開で、4〜5ページごとに有名な事件が起こります。(^_^;)
坂本龍馬―江戸時代末期 (小学館版学習まんが―ドラえもん人物日本の歴史)
ドラえもん人物日本の歴史坂本龍馬  小学館   監修:飛鳥井雅道 作画:小井土繁 
1995年11月   \660
2010/2/10 up
ためになる ★★★★
おもしろい ★★★
「小学館版学習まんが・少年少女人物日本の歴史」第23巻『坂本龍馬』を加筆、改訂したもの。あまり多くのエピソードを詰め込まず、重要な話題に的を絞って、じっくりと描いている。
学習まんが少年少女日本の歴史 16
学習まんが日本の歴史16 幕末の風雲  小学館   監修:児玉幸多 
1983年02月   \580
2010/2/10 up
ためになる ★★★★
おもしろい
小学生用の学習マンガです。全20巻のうち、龍馬が登場するのは16巻の「幕末の風雲」で、この巻では黒舟到来から戊辰戦争まで網羅してます。表紙では龍馬が一番大きく描かれてますが、実際には5ページしか出てきません。(^_^;)
学研まんが人物日本史 幕末の志士坂本龍馬  学研   監修:樋口清之 作画:ムロタニツネ象 
1981年02月   \680
1999/12/7 up
ためになる ★★★
おもしろい ★★
卑弥呼から伊藤博文まで、31種類ある人物日本史シリーズの一冊。全ページの脇にある「まめちしき」を読むだけでも勉強になります。ご多分に漏れず、龍馬が愚童であった事になってます。なんで必ずといっていいほど、鼻水を垂らしているんだろう....話しの筋は、一般的なものをほぼ網羅しているので、小学生にはお勧めの一冊です。